« 飼いねこにゃんでも相談交流会 | トップページ | 化粧品の動物実験反対デモ »

第一回飼いねこにゃんでも相談交流会

Sn3r0563 第一回飼いねこにゃんでも相談交流会、本日センターで開催されました。
岡山県動物愛護センターが出来てから7年、犬の譲渡に関しては、譲渡前講習、譲渡時のしつけ方教室、譲渡後のフォローアップ教室、など等行われてきましたが、
猫に関しては昨年度からのボランティア協力による譲渡が始まるまでは譲渡数も少なく、譲渡後のフォローイベントも行われていませんでした。
今回相談交流会がはじめて行われて、いろんな疑問、工夫などのお話ができ、また譲渡の条件である完全室内飼いについて、脱走され難しくなっている方もいらしたり、これからも継続して相談交流会を行うことにより、よりよい飼い方のアイデアなど蓄積されていくのではと思いました。
譲渡した子がお約束した日までにきちんと不妊手術していただいて、大切にしていただいているのを拝見するのはとても嬉しいことです。
Sn3r0559 今まだ処分されている犬猫がたくさんいます。
飼い犬飼い猫を迷子にしないよう、気をつけてあげてください。
万一に備えて、迷子札をきちんとつけてあげてください。
首輪が抜けたときなど、マイクロチップがあれば安心です。センターや保健所ではチップの読み取りを実施しています。災害時も役に立ちます。
また、生後6ヶ月頃までに、不妊手術(去勢・避妊)をしてあげてください。
ストレスも減り、脱走の危険も少なくなります。
早めに不妊手術をすることにより、いろいろな病気の予防になります。
小さいうちに手術をすると体の負担も少ないです。

|

« 飼いねこにゃんでも相談交流会 | トップページ | 化粧品の動物実験反対デモ »

ペット」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第一回飼いねこにゃんでも相談交流会:

« 飼いねこにゃんでも相談交流会 | トップページ | 化粧品の動物実験反対デモ »